“思いやり”の真価が、問われる時

Pocket

ハレルヤ! あお です ( ˘ ³˘)♡

 

 

今日は、

 

『思いやりの真価が問われる時』

 

というタイトルです。

 

 

《仕事ができる人》の特徴の中に、

 

もれなく、

 

“気遣いができる”

 

という項目があることを、

最近知るようになった あおです。 ヽ(・∀・)ノ*

 

 

 

【仕事】に限定しなくとも、

 

いわゆる “できる人”

 

の特徴と思われているフシも

 

ありそうです。

 

 

 

そこで、

 

“気遣い”/ “思いやり”

について

 

(*゚ロ゚)ハッ!

 

としたことを、

綴ってみることにします…( ..)φ

 

 

主はあわれみに富み、めぐみふかく、怒ること遅く、いつくしみ豊かでいらせられる。

詩篇103:8

 

 

神様の人格を表現している

聖句です。(*・∀・)ネ

 

 

何事も、

 

極地に行ってこそ

見える景色があるように

 

 

各自の人格においても、

 

{究極的な条件下に置かれた時}

 

その真価が、発揮されるようです。

 

 

思いやることが難しい局面で

思いやることができるのか?

 

 

感謝することが難しい局面で

感謝することができるのか?

 

 

愛することが難しい局面で

 

{果たして}

 

愛することができるのか?

 

 

 

その真価は、

 

【到達】した時

 

見えてくる。

 

 

“思いやり”の真価。

 

 

“感謝すること” の真価。

 

 

“愛すること” の真価。

 

 

そして、

 

“その人” の真価。

 

The following two tabs change content below.

あお

愛と健康と美しさに興味関心が高い人に向けて、気づきと発見があるような記事を。 好きな食べ物は、ローストビーフ丼と御言葉!ヽ(・∀・)ノ゚ ブログ中の「先生」は、鄭明析牧師のことです.:。 ゜ 〈お問い合わせ先〉 tennokangoshi☆gmail.com ☆→@に変えてください。

最新記事 by あお (全て見る)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA