人生、長ければ良いのか。

Pocket

ハレルヤ! あお です ( ˘ ³˘)*。

 

 

人生を、

長く生きられるようにと

神様が、

“医療”も、発展するように

してくださったのだそうです。

 

 

しかし、

 

“ただ長く”生きさえすれば

 

【良い人生】

 

に、なるのではありません。

 

 

 

{どのような人生を生きるのか。}

 

 

これが、

{問題}です。

 

 

しかし、人の子を裏切るその人は、わざわいである。

その人は生まれなかった方が、彼のためによかったであろう

マタイによる福音書 26:24

 

 

イスカリオテのユダは、

イエス様を売り渡して

十字架にかかるように仕向けた人です。

 

このあと彼は

 

自分のした事を後悔し、

 

自殺してしまいます。

 

 

イエス様は、

 

「“彼のために”

(むしろ生まれなかった方が)

よかったであろう」

 

と言いました。

 

 

“イエス様のために”

ではありません。

 

 

【彼の】ために

 

です。

 

 

 

先生は、

このように話されました。

 

「100歳を越えたら、

生きても生きることではない。

 

息をするだけで、寝て、食べて、

やっとのことで

自分の生活をするだけで生きるのに、

 

そのように長く生きて

何になるのか。」

 

 

 

{何になるのか。}

 

 

 

自分の人生において、

 

 

{何を残すのか。}

 

 

これが重要ではないでしょうか?

 

 

それも、

 

“自分のために”

 

何を残せるのか、

考えてみないといけません。

 

 

“誰かのために” と言ってみるけれども、

 

それは所詮

その人の主観的な考えで、

 

“本当に相手のためになっているのか” は

 

《相手が決めること》

になるからです。

 

 

“自分自身に” 残すものが無い時、

 

人は結局、

 

後悔することに

 

なります。

 

 

死の恐怖の実体は、

 

実は

 

【喪失感】です。

 

 

{どのような人生を生きるのか。}

 

つまり、

 

{自分の人生で

自分のために、何を残すのか。}

 

 

この問いの答えは、

 

 

この問いの答えは…

 

 

ヽ(・∀・)ノ

 

 

《自分では決めることができない》

ものです。

 

 

自滅したユダは、

 

“◯◯のために” と言いながら、

 

主観的に生きたのです。

 

 

このように、

 

主観的な考えは、

 

自分を滅ぼします。

 

 

人に対しては

謙遜であることを良しとしながら

 

神様に対しては

傲慢に生きるのなら、

 

主観的な人生

 

【自滅人生】

 

になってしまうということです。

 

 

 

“何を残していけるのか”

 

 

相手のためにも。

自分のためにも。

 

 

それは、

 

《対象が決めること》

 

なのです.。:*+゜

The following two tabs change content below.

あお

愛と健康と美しさに興味関心が高い人に向けて、気づきと発見があるような記事を。 好きな食べ物は、ローストビーフ丼と御言葉!ヽ(・∀・)ノ゚ ブログ中の「先生」は、鄭明析牧師のことです.:。 ゜ 〈お問い合わせ先〉 tennokangoshi☆gmail.com ☆→@に変えてください。

最新記事 by あお (全て見る)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA