良き種 ~種シリーズ3~

Pocket

ハレルヤ! あお です (๑˃̵ᴗ˂̵)و

 

種シリーズ第3話です。

 

それでは、

早速行ってみましょう!

 

+。:.゚ヽ(・∀・)ノ゚.:。+゚

 

 

また、他の譬を彼らに示して言われた、

「天国は、一粒のからし種のようなものである。ある人がそれをとって畑にまくと、それはどんな種よりも小さいが、成長すると、野菜の中でいちばん大きくなり、空の鳥がきて、その枝に宿るほどの木になる」。

マタイによる福音書 13:31-32

 

 

神様は、

豆粒よりも小さな種のようなところから

歴史を始められると言います。

 

 

“何も無い”かのように

思えるような所を選んで、

 

歴史を広げられることも

あります。

 

 

小さな、

なんでもないように思われる人を、

 

世界に名を馳せる

【大きな人物】に

 

育て上げられる神様でもあります。

 

 

“小さいから”といって、

“なんでもないように見える”からといって、

 

 

{種}は、

 

決して

 

侮れないのですねぇ。(-∀-`)。+゜

 

 

 

神様の蒔かれる{種}は、

《天国を成す種》です。

 

 

 

何も無かった所に出現した宇宙が

 

今も拡大し続けているように、

 

神様が1粒の{種}を蒔かれたら

 

そこから《天国》は生まれ

 

そして、

 

拡大し続けるそうです。

 

 

 

小さなところ。

 

なんでもないように見えること。

 

特別なところが何も無いように思える人であっても、

 

そこから“何か”が始まって

 

留まることなく広がっていくなら

 

それは、

 

神様の蒔かれた

 

《天国の種》

 

かもしれません。

 

 

(。・ω・)ノ☆

The following two tabs change content below.

あお

愛と健康と美しさに興味関心が高い人に向けて、気づきと発見があるような記事を。 好きな食べ物は、ローストビーフ丼と御言葉!ヽ(・∀・)ノ゚ ブログ中の「先生」は、鄭明析牧師のことです.:。 ゜ 〈お問い合わせ先〉 tennokangoshi☆gmail.com ☆→@に変えてください。

最新記事 by あお (全て見る)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA