ハラスメント事情

Pocket

ハレルヤ! あお です (*・∀・)ノ

 

 

“ハラスメント”の【基準】が

どうやら変わってきている

今日この頃のようです。

 

 

少し前は、

 

【本人が不快だと思う】

 

レベルが基準でしたが、

 

現在では、

 

【第三者からしても不快だと思う】

 

レベルに、

 

“ハラスメント”の基準が

置かれている、と聞きました。

 

 

セクハラ、パワハラ、マタハラなど

色んな“ハラスメント”がありますが

 

本人よりもむしろ、他者からの通報が

増えている可能性もありますね。

 

 

ニュースで取り上げられる範囲も

広がりました。

 

 

{他者から見ても}

 

「不快だ (´・д・)σ」

 

と、考えられる言動について

 

オープンに指摘する日本社会に

 

なってきた、ということです。ヽ(・∀・*)ネ

 

 

このことは、

 

日本人が

 

“良心に従う”ことを、

 

以前よりもっと

 

“肯定的”に捉えるようになった

 

ということを

 

表しているのかも

 

しれません。

 

 

{我慢が美徳}

とされていた時代は過ぎ去り、

 

{気持ち良く生きよう!}

という時代が

 

来ているようですね。゚*。(・∀・)゚*。

 

 

《気持ち良く、清々しい場所》

というのは

 

環境として綺麗(掃除が行き届いている)

ということも然り、

 

倫理的、人道的にも綺麗

 

ということも、

人々のニーズとして

高まってきているのですねぇ。(-∀-`)

 

 

みなみに、

 

摂理の “ハラスメント” 基準は

日本の現在のハラスメント基準を

クリアしていると、思います˚✧₊

 

【摂理の基準】であれば、

セクハラ、パワハラは

 

起こる心配が

全く! ありません! 。:.゚ハレヽ(´∀`)ノ゚ルヤ :。

 

 

それくらい、

誰かに嫌な思いをさせないように

気をつけているのは

 

先生が、そのように

コーチしてくださったからです。(´∀`*)

 

 

先生は、

周りの人が不快にならないように

“におい”も気をつけるように

 

と、仰ったことも

あるのです。(。-ω-) フム

 

 

エチケットマナーにも

細やかな

先生 なのです˚✧₊

 

 

神のみこころは、あなたがたが清くなることである。

テサロニケ人への第一の手紙 4:3

 

 

神様の御心を求め、

またそれを教える人は

 

人が《嫌がること》を

決して、しないのです。

 

 

(*・∀・)ノ。:.゚アンニョン*

The following two tabs change content below.

あお

愛と健康と美しさに興味関心が高い人に向けて、気づきと発見があるような記事を。 好きな食べ物は、ローストビーフ丼と御言葉!ヽ(・∀・)ノ゚ ブログ中の「先生」は、鄭明析牧師のことです.:。 ゜ 〈お問い合わせ先〉 tennokangoshi☆gmail.com ☆→@に変えてください。

最新記事 by あお (全て見る)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA