対話の切れ目 が 縁の切れ目

Pocket

ハレルヤ! あお です ヽ(・∀・)ノ♪

 

 

少し前…

 

産まれながら難聴の女の子が、

補聴器をつけて

お母さんの声を初めて聴いた時の表情が

facebookで話題になっていましたが

 

やはり、、

 

《自分を愛する人》の声や言葉は

 

鼓膜というよりは、

 

もっと別のところを

振動させるもののようですね。

( ๑˘ ³˘)~♡love you…

 

 

さて、

 

今日のテーマは

 

“対話”

 

でござんす。  |ω・`)スッ…

 

 

よく聞く言葉としては、

 

『お金の切れ目が縁の切れ目(になった)』

というのがありますね。

 

夫婦でも恋人でも。

 

 

ただ、

 

これはそういうケースが一定数はあるとしても

 

実際は それよりもっと

沢山起こっているケースが、あると思います。

 

そうです! ( ・∀・)σ 。:*

 

【対話しなくなったこと】

 

ですね。

 

 

離婚した夫婦

別れた恋人同士

疎遠になった友人、家族…

 

その原因には

 

【対話しなくなったこと】

 

があると思いませんか?

 

 

(私は、ものすごーく「そう思います!」

 

「そう思います(同意します)」

ということを

「アーメン」

と言うのですヨ *  (*・∀・)ノ。:.゚マメチシキ)

 

 

再婚した私の義父と母は

数年もすると

ほとんど口をきかない、話をしない夫婦に

なっていました。

 

都合が悪いと黙り込む義父と

それに対して怒鳴る母を見て

‘だんまりを決め込む男’と‘感情的な女’が

苦手になったあおです。 (´・ω・`)

 

 

対話をしなくなった夫婦の行く末は

 

別居(そしてそのうちに離婚するヤモ)

 

でした。

 

最後まで、

対話してみたら

良いのではないでしょうか?

 

なぜなら、それは

 

“何か”  があったからこそ、

 

一緒にいる(いま現在)

 

ということだからです。

 

これは

どんな関係においても、言えることです。

 

 

先生は、

6歳の時から神様を呼び始めて

9歳の時には山にお祈りに通うようになって

 

そして毎日毎日

神様と対話をしたそうです。

 

祈りとは何か。にも書きましたが

祈りは、神様と対話をすることです。

 

 

先生は、神様と対話することが

 

“生”

 

になりました。

 

対話が “生” になったので

 

{神様といつも一緒に暮らす人生}

 

になりました。

 

対話の切れ目が縁の切れ目にもなれば

 

対話の連続が永遠な縁にもなる

 

ということですね。

 

 

誰と対話し、誰と生きるのか。

 

 

人生のテーマですナ (´∀`*)。+゜

 

 

わが愛する者の声が聞こえる。

見よ、彼は山をとび、丘をおどり越えてくる。

 

 

雅歌書 2:8

 

The following two tabs change content below.

あお

愛と健康と美しさに興味関心が高い人に向けて、気づきと発見があるような記事を。 好きな食べ物は、ローストビーフ丼と御言葉!ヽ(・∀・)ノ゚ ブログ中の「先生」は、鄭明析牧師のことです.:。 ゜ 〈お問い合わせ先〉 tennokangoshi☆gmail.com ☆→@に変えてください。

最新記事 by あお (全て見る)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA