Pocket

ハレルヤ! あおです。 (´◡`) *。

 

 

すべて重荷を負うて苦労している者は、わたしのもとに来なさい。

あなたがたを休ませてあげよう。

わたしは柔和で心のへりくだった者であるから、わたしのくびきを負うて、わたしに学びなさい。

そうすれば、あなたがたの魂に休みが与えられるであろう。

わたしのくびきは負いやすく、わたしの荷は軽いからである」。

マタイによる福音書 11:28-30

 

 

生活をする中で

仕事をする中で

人付き合いの中で

 

“大変なこと”もあれば、

“つらい時”もあるし

 

「しんどいなぁ (´・д・)=з」

 

という時も

たまにはあります。

 

 

 

〈ただ天ばかり見上げていた時〉も

あったのだ

 

と、

 

先生も

話されていました。

 

 

ただ

天を仰ぎ見る

しかない

 

そういう瞬間

そういう期間が

 

 

神様を信じる人にも

 

《絶対にある》ということです。

 

 

そういう時

聖書には

 

【キリストのところに来なさい】

 

と書いてあります。

 

 

『わたしのくびきは負いやすく

わたしの荷は軽いから』

 

と、書いてあります。

 

 

が! (`・д・) シカシ

 

 

考えてみると…

 

 

キリストの背負ったものは

 

すなわち十字架なわけですが

 

 

これは絶対に

 

 

“負いやすくない”

 

 

し、

 

 

“軽くない”

 

 

です…!  Σ(・ω・ノ)ノ!アラマ

 

 

 

むしろ

 

背負うには勇気もいるし、

 

そして 【結構】重いです……|ω・)

 

 

 

でも、

そのような十字架まで背負われた

キリストの

 

“心の近く”

 

に行ってみると

 

 

確かに私たちに

 

《魂のやすみ、平安》

 

がやってきます。

 

 

キリストがどのように人々に接し

 

どのような生活をして

 

どのように、私たちの至らないところを

覆って背負ったのか

 

 

その愛のふところに

行ってみると

 

 

なぜだか心が癒されて

 

柔和でやさしい心に

 

なれる気がしてきます。

 

 

 

私も何か

足りなかったかもしれない

 

 

省みれるようになり

 

 

私もそのように助けられて

今があるのだと

気づいたりします。

 

 

メシヤがなさったこと、

背負われた十字架は

 

 

私たちの心に

 

確かに

 

“やすみ”を与えてくれる

 

癒しの力を持っています。

The following two tabs change content below.

あお

摂理の教会に通って12年目のアラサー社会人! 毎日の生活に、何か気づきと発見があるような記事を+゚ 【愛は学んでこそわかる!実践哲学】をモットーに書いています。 blogに出てくる「先生」とは鄭 明析氏のことです(・∀・)ノ 〈お問い合わせaddress〉 tennokangoshi☆gmail.com ☆→@に変えてください。 いきなり勧誘はしないので(笑)、お気軽にお問い合わせください*。

最新記事 by あお (全て見る)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA