健康は美しい。

Pocket

 

ハレルヤ!あおです。ヽ(´∀`)ノ゚

 

今日は

「健康は美しい。」

というアピールを

 

懇々と(こんこんと) していきたいと

 

思ひます。(´∀`*)

 

女性であれ男性であれ

 

自分の見た目、スタイルについて

 

思い悩み・・・・・・まではいかなくとも(-ω-。)

 

一度くらいは 考えたことがある人が

 

きっと多いと思います。

 

世の中を生きて、自分の容姿・他人の容姿の美醜について

 

触れないことは、ほとんどあり得ないからです。

 

例えば鏡のない暮らし、

容姿に関係なく【衣食住が全て】の原始人のような暮らしを

しているのではない限り

 

生まれてから人に会えば

多かれ少なかれ

“見た目のハナシ”

というのは自然と耳に、目に入ってくるものです。

 

実際に、現実世界では

見た目によって左右される業界や職種も存在するからこそ

 

<この世界をどう生きていくのか>

 

あるいは

 

<どう生きられるのか>

 

まで左右することがある、

 

そういう人間の世界です。

 

ちなみに “この世” ではなく霊界の “あの世”

においては、心と人格のあり様が

美しさや輝き、服装にありのまま映されて見えると

 

先生が教えてくださいました。

 

 

はてさてヽ(・∀・)ノ

今日はこの【見た目の美しさ】に関して

先生が教えてくださったことと、私の考察を

書いていきたいと思います。

 

╭( ・ㅂ・)و̑ グ

 

だれが先にわたしに与えたので、
わたしはこれに報いるのか。
天が下にあるものは、ことごとくわたしのものだ。
わたしはこれが全身と、その著しい力と、
その美しい構造について
黙っていることはできない。

ヨブ記 41:11~12

 

あえて言わなくてもいい常識かもしれませんが

 

私たち人間は、神様の被造物であり

 

神様によって構想され、創造された

 

存在です。

 

そして、聖書には

 

 “神様の姿かたちに似せて” 人間を創った

 

と書かれています。

 

‐つまり私たちは神様に似せて創られた‐

 

私たちの姿は神様に似ていて、

逆に考えれれば、<神様の姿かたち>も、人間と似ている

ということです。

 

神様は目が二つあって鼻が一つあって鼻の穴が2か所

耳が二つに唇が上下に分かれていて、

眉毛がある。

 

手の指と足の指は5本ずつで

脚は二本に腕も二本

 

首と胸とおなかと背中とおしりがある。

 

そういうことですね。(-∀-`)

 

 

はい、今日は【美しさ】の話ですが

この<人間の構造>が神様に似せて神秘的に創られた

美しいものである、

 

ということなわけです。

 

最近カイロプラクティックというものを

初めて体験して、(骨の歪みを直して自然治癒力を高めようというやつです)

 

施術室に背骨の模型やら人体図やらが

あったのですが、

 

人間の頸椎から骨盤までのカーブはなんとも

不思議で神秘的だなと思いました。

 

この本来の美しいカーブによって

人間の頭の重さは支えられ、二足歩行ができ

腕を使っていろいろなことができるわけですが

 

真っすぐではない曲線の構造が

“美しい”という

曲線美を表していました。

(※骨の模型の話です。)

 

 

神様は人間のあらゆるところに

 

“美しい”構造をちりばめられているのではないでしょうか。

 

 

先生はいつも

 

「個性の美だ」

 

と話してくださいます。

 

だから整形する必要はない、と。

 

考えてみたら、

 

目が三つあるとか

口が二つあるとかでなければ

 

みんなしっかりと

美しい顔を持っている、ということですよね。

 

 

〔性格の偏差値〕を出せるツールを

採用活動に取り入れ始めた企業もありますが

 

この性格の偏差値というのは

高ければいいとか、低いと悪いというものではなく

偏差値が大きい(平均から遠い数値の)ところは

その人の【個性が出ているところ】と見るそうです。

 

人間の顔のバランスも

きっとそういうものなのでしょう。

 

同じ大きさで同じ幅と高さ、そして同じ位置に

眉毛と目と鼻と口が存在したら・・・

 

同じ顔、同じ顔、

 

そしてまた同じ顔

 

となって多様性を謳うどころか

 

「人間は一人でいい!!!(# ゚Д゚)」

 

と発狂したくなる世界になりそうです。

 

(そして誰もいなくなった。)

 

 

個性の美というのは

 

他の人より少し小さい、大きい

長い、短い

そういう多様性を持った

 

たった一人ずつの美しさ、

 

誰にも代えられない ≪たった一人のひと≫

 

を生まれさせる、神様の法則なのですね。( ˘ ³˘)♡

 

 

そして、病気になっていない健康な姿は

神様の与えてくださった本来の姿と言えます。

 

太りすぎの人を見ても

痩せすぎの人を見ても

 

あんまり「キレイ」って

思わないですよね。

 

きっと人間は

神様が与えてくださった姿(健康)を

 

本能的に「キレイ、美しい」と

感じられる感性があるのだと思います。

 

先生が

「顔は肉で調整したらいい」と

話されたことがあるのですが、

 

私は

肉=脂肪のことだと思って

痩せたら綺麗になるということかなと思っていたのですが

 

よくよく考えてみたら

脂肪は肉じゃなくて脂(アブラ)でした。(´◡`) フフフ…

 

肉っていうのは “筋肉” ですね。ヽ(・∀・*)

 

つまり、顔の肉っていうのは

“表情筋”です。

 

健康な人は

よく笑い、泣いて、時には怒ったり・・・

 

真剣な顔をしたり

おちゃめな顔をしたり

 

表情が豊かです。

 

表情が豊かな人は表情筋をよく使っていて

その顔は生き生きとして

 

“美しい”ことでしょう。

 

生きることは、健康なこと。

 

 

健康なことが【生きている】こと。

 

 

健康であってこそ、生きられる。

 

 

ココロもカラダも。

 

肉体は心と繋がっています。

 

心が死んだら肉体も死んでしまいます。

 

心が美しかったら、顔も美しくなるそうです。

 

 

だから、

心の健康のためには

身体の歪みを直すこと

も効果的で

 

姿勢を矯正したり、筋トレをしたら

自律神経が整って

メンタルも良くなるという話は

よく聞きます。

 

 

 

健康な人は美しい

 

生き生きしている人は

 

美しい。

 

 

 

美しさは健康から。

 

 

 

(あれ、何かのキャッチコピーみたい?

シャンプーのCMみたいな ・・・・・おっと(ノ_ _)ノ )

 

 

 

ではでは 。* ゚

 

The following two tabs change content below.

あお

愛と健康と美しさに興味関心が高い人に向けて、気づきと発見があるような記事を。 好きな食べ物は、ローストビーフ丼と御言葉!ヽ(・∀・)ノ゚ ブログ中の「先生」は、鄭明析牧師のことです.:。 ゜ 〈お問い合わせ先〉 tennokangoshi☆gmail.com ☆→@に変えてください。

最新記事 by あお (全て見る)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA