“なんのために” 疲れた時の対処法

Pocket

ハレルヤ ! あおです。(*・ω・)ノ

 

今日は、

 

{疲れた時の対処法}

 

がテーマです。

 

 

主とそのみ力とを求めよ。

つねにそのみ顔をたずねよ。

歴代志上 16:11

 

 

人は

熱心に行う分、疲れもします。

 

体を酷使しても

頭を酷使しても

 

時には

ただ座っているだけだとしても

ものすごく集中したりすると

疲れたりします。

 

 

“疲れを感じる” ということ自体は

悪いことではありません。

 

 

疲れを感じる機能が

もし、壊れてしまったら

人間は際限無く活動して

死んでしまうからです。

 

 

疲れを感じて、休息し

また力を得て行なうことが

正常です。(*・∀・)ノ

 

 

ただし、

 

 

(。-ω-)

 

 

《力を得ること》

 

が出来ない場合が

問題です。

 

 

人が最も“疲れを感じる”時は

どんな時かというと…

 

 

 

“なんのために”やっているのか

分からない(あるいは 忘れた) 時

 

 

 

なのです。( ・∀・)σ

 

 

〔なんのためにやっているか分からないけど、とりあえずやり続けること〕

 

は、人間をとても疲弊させます。

 

 

これは、

【精神の疲弊】です。

 

作業の難易度には関わりませんが

この精神の疲弊が、

肉体の‘感覚的な疲弊’も

増幅させてしまうのです。

 

 

逆に、

精神の疲弊が最も少なく、

むしろどんどん力が湧いてくる時は

 

“なんのために” が

自分にとって明瞭で、

 

かつ、

自分にとって嬉しいことである

時です。

 

 

そういう時人は、

 

【甲斐】という力

 

を得られるからです。

 

 

 

“なんのために”

を考えた時、

 

〈すでにその目的が達成されている〉なら

 

それは次のステージ、次の場所に

移る時である、ということだし

 

 

“なんのために”

を考えた時、

 

〈まだその目的が達成されていない〉なら

もっと頑張ろうという気持ちが

湧いてきます。

 

 

はたまた

 

“なんのために”

を考えた時、

 

〈そもそもなんの目的も見出せない〉

のならば、

 

 

他にやるべきことが

見えてくることでしょう。(-∀-`)

 

 

以上、

 

 

{疲れた時の対処法}

 

 

それは

 

 

“なんのために” を 振り返ること。

 

 

というお話でした。ヽ(・∀・*)

 

 

 

The following two tabs change content below.

あお

愛と健康と美しさに興味関心が高い人に向けて、気づきと発見があるような記事を。 好きな食べ物は、ローストビーフ丼と御言葉!ヽ(・∀・)ノ゚ ブログ中の「先生」は、鄭明析牧師のことです.:。 ゜ 〈お問い合わせ先〉 tennokangoshi☆gmail.com ☆→@に変えてください。

最新記事 by あお (全て見る)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA