どうして御言葉を聞いたのか?

Pocket

ハレルヤ! あおです。:.゚ヽ(´∀`。)ノ゚.:。 ゜

 

今回のタイトル…

 

皆さんが気になることかなぁと思ったので

 

書いてみます! ( ・ㅂ・)و̑✧

 

 

私が御言葉を学び始めたのは、大学生の時です。

 

国立理系の大学に通っていました。

 

2年生になった春、友達の一人が

 

学校に行くことが辛くてカウンセリングに通っている

 

と、打ち明けてくれました。

 

理由は、

 

同じ学科の男子に、悪口を言われている気がするから。

 

 

事実を確認するすべもなく

 

その子が考えを転換できたらと思って

アレコレと話をしてみたのでした。

 

しかし、

 

「そういう風に考えられたらいいけどね…」

 

と、言われただけでした。

 

 

この時、

 

「今の自分ではこの子を助けられない…!」

 

という、限界に至ったわけです…

 

… (´・ω・`)

 

そんなタイミングで

 

御言葉に出会うことになりました。

 

+。:.゚アラヽ(・∀・)ノ゚フシギ.:。+゚

 

学び始める前に、

 

人を助けたいなら

 

自分がまず穴から出てこないといけないヨ

 

と、言われました。(-∀-`)

 

 

穴に落ちている人を助けたいなら、

 

自分が穴に落ちている立場だったら救えない。

 

少なくとも穴の外にいる人であってこそ

 

穴の中の人を、引き上げてあげられる。

 

だからまず、【自分を作ること】

 

それが穴の外に出ることだよ、と。

 

 

ぬぇ~~(*・ε・*)

 

という心の声はありましたが 笑

 

受け入れたわけです。(。-ω-)

 

そして

 

自分がスポンジになったと思って

 

学んで吸収してみようと

 

思ったのでした。。

 

 

これが、私のいきさつです。

 

 

当時は

 

“まず自分から”って、そんなぁ( ´-ω-)σ

 

と思いましたが、

 

今となっては

 

“ほんとうにそうだな”

 

と、つくづく思っています。

 

 

なぜ人は

 

涙の数だけ強くなれるのでしょうか。

 

なぜ、涙を流したぶんだけ

 

優しくなれると言うのでしょうか?

 

 

それは、

 

 

痛みを知っていて

 

痛みを乗り越える過程を知っていて

 

そして

 
乗り越えて出てきた喜びと甲斐を知っているから

 

だと、私は思います。

 

 

《知っているから》

 

他の人にも寛容になれて、優しくなれる。

 

強くなれる。

 

人を助けられる人は、

 

苦しみが無い人ではなく、

 

“苦しいこと”が“どういうことか”知っていて、

 

苦しいことを越える過程を経て、

 

喜びに至れた人だということが、

 

今は、わかります。(´∀`*)

 

だから

 

《私が》まず、“苦しいこと”と向き合って

 

もがいて出て来るしか

 

なかったのです。

 

そういう理致。

 

そういう法則。

 

だから、先生も

 

沢山、苦労をして

 

沢山、悩んで

 

実践してから、もらった御言葉だと

 

教えてくださいました。

 

 

 

なんで私が御言葉を聞いたのか?

 

 

それは、

 

1人のリケジョが{自分の限界}という壁にぶつかって、

 

御言葉で解決できるのか、

 

《自分を使って》実験してみることにしたから

 

 

でした (*・∀・)b˚✧₊

The following two tabs change content below.

あお

愛と健康と美しさに興味関心が高い人に向けて、気づきと発見があるような記事を。 好きな食べ物は、ローストビーフ丼と御言葉!ヽ(・∀・)ノ゚ ブログ中の「先生」は、鄭明析牧師のことです.:。 ゜ 〈お問い合わせ先〉 tennokangoshi☆gmail.com ☆→@に変えてください。

最新記事 by あお (全て見る)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA