労い

Pocket

ハレルヤ! あお でふ (*・з・)~♪ フッフッフ-

 

 

ふと、

昨日の記事を振り返ってみたのですが

 

支えとなっている柱のような人たちは、

嫌になったからといって

その場所を離れるわけにもいかず、

 

(そうしたら、

家が崩壊してしまうノデ…( ;´Д`))

 

その位置を守り続けているとして、

 

その功労の労いを

 

『誰からどのように受けるのだろう?』

 

と、あおは考えたのです。(-∀-`)アオサン ハネ

 

 

主人が帰ってきたとき、そのようにつとめているのを見られる僕は、さいわいである。

マタイによる福音書 24:46

 

 

‘僕’の場合、

その”お勤め(オツトメ)”は

“主人”が、

労ってくれ(ないことも多々あ)る

でしょう。ヽ(・∀・*)

 

 

では、

‘奥さん’の場合は?と言うと、

 

きっと、

“旦那さん” でしょう…ネ( ・∀・)σ*

 

 

‘部下’であれば、“上司”

‘子供’であれば、“親”

のような、関係でしょうか。

 

 

そしてまたふと、

 

(フト ガ オオイ ((´∀`*))笑)

 

こんなことを思い出しました。

 

 

私が学生の時、

ものすごく努力して

(というよりは好きでやっていたことなのですが)

ちょっと珍しいものを

天からもらったことがありました。

(-ω-。)ウム

 

しかしそれは珍しい分、

とても繊細で

取り扱いが難しい代物であったため、

 

周りの人には、

話して回ることができないもの

だったのです。

 

 

そして当時の私にとって、

 

その【価値と貴重さ】を

一人の心で請け負うには

 

少々の深刻さがあり、

 

誰かと分かち合えない心労は

多少なりともあったわけです。|ω・`)

 

 

さて、そんな折。

 

 

先生がひとこと

 

『お疲れさま。』

 

と、私に送ってくださった手紙の冒頭で

おっしゃいました。 (´◡`) *。

 

 

 

「(゚ロ゚;)エェッ? 単なる挨拶じゃないの?!」

 

と、

 

思われるかもしれません。(-∀-`)フ

 

 

しかし、

この時の私にとっては

 

“最も心にマッチする ひとこと”

であり、

“最も欲しかった ひとこと”

だったのです。

 

 

「あぁだったね、こうだったね」

という言葉でもなく、

「頑張ったね」

という言葉でもなく、

 

ただ、

 

『お疲れさま。』

 

という ひとことが

ぴったりとフィットして

 

嬉しかったのです。 (´◡`) 。+゚

 

 

そしてこれは、

ただの“挨拶”として、

 

何も知らない人から もし言われたとたら、

 

【効力を発揮しなかった】

 

言葉でもありました。

 

 

 

《わかってくださっている》

 

ということを “わかる”から、

 

心に響いてくる

 

《労いのことば》

 

だったのです˚✧₊⁎

The following two tabs change content below.

あお

愛と健康と美しさに興味関心が高い人に向けて、気づきと発見があるような記事を。 好きな食べ物は、ローストビーフ丼と御言葉!ヽ(・∀・)ノ゚ ブログ中の「先生」は、鄭明析牧師のことです.:。 ゜ 〈お問い合わせ先〉 tennokangoshi☆gmail.com ☆→@に変えてください。

最新記事 by あお (全て見る)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA