しきたりか命か

Pocket

ハレルヤ! あお です (*・∀・)ノ

 

 

人命救助のために、

相撲の土俵に上がった女性に対し、

女性は土俵を降りるようアナウンスしたとして、

相撲協会が物議を醸し出しています。

 

((・∀・) ナンカ シンブンキジ ミタイ)

 

 

このニュースを見た時、

 

この聖句を思い出さずには

いられませんでした。

 

 

人々はイエスを訴えようと思って、「安息日に人をいやしても、さしつかえないか」と尋ねた。

イエスは彼らに言われた、「あなたがたのうちに、一匹の羊を持っている人があるとして、もしそれが安息日に穴に落ちこんだなら、手をかけて引き上げてやらないだろうか。

人は羊よりも、はるかにすぐれているではないか。

だから、安息日に良いことをするのは、正しいことである」。

マタイによる福音書 12:10-12

 

 

安息日というのは、「主の日」、

一般的には「日曜日」のことです。

 

安息日には『休みなさい。何もしてはならない』というしきたりがあったので、人々はこのように質問したのです。

しかし、

 

イエス様の回答は、

「安息日に人を癒すことは良いことだ。

正しいことだ。」

 

でした。

 

 

これは、

2000年以上も前の出来事です。

 

 

ヽ(・∀・)ノ

 

 

これは、

 

 

【2000年以上も前の】(2回目)

 

出来事なのです。

 

 

 

先生は、

どういう国が “先進国”なのかについて、

このように教えてくださいました。

 

【命を大事にする国ほど】先進国だ

 

と。

 

 

子供が死亡する事故が起こった時、

親に謝罪することもなく、

自分達の立場を守ろうとする

学校や、保育施設もある日本社会です。

 

 

 

果たして、

 

 

日本は“先進国”

 

 

なのでしょうか?

 

The following two tabs change content below.

あお

愛と健康と美しさに興味関心が高い人に向けて、気づきと発見があるような記事を。 好きな食べ物は、ローストビーフ丼と御言葉!ヽ(・∀・)ノ゚ ブログ中の「先生」は、鄭明析牧師のことです.:。 ゜ 〈お問い合わせ先〉 tennokangoshi☆gmail.com ☆→@に変えてください。

最新記事 by あお (全て見る)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA