対話の技術 – 対話力とは 何なのか –

Pocket

ハレルヤ ! あおです。(๑˃̵ᴗ˂̵)و

 

今日は、

 

私の個性である{分析力}を駆使して

 

今まで出会った

 

《対話が上手な人》の特徴を

 

まとめてみることにしました。(*´∀`)ノ。+゜

 

対話することが苦手な人や自信がない人は

ぜひ、

参考にしてみてください˚✧₊

 

 

主よ、わが祈を聞き、わが願いに耳を傾けてください。
あなたの真実と、あなたの正義とをもって、わたしにお答えください。

詩篇 143:1

 

 

対話は、

一方的に話すスピーチではありません。

 

双方が話をしてこそ、

“対話”

と言うことができます。

 

それでは早速、

対話力がある人の特徴まとめ です!人´ω`)

 

 

 

– 特徴1 –  傾聴力がある

 

これは実は対話の キモ だったりします。

 

「え?!

話すことの方が重要じゃないの⁉︎ (゚ロ゚;)」

 

と、思われるかもしれませんが

 

実際は “聞く力” の方が

 

深い対話をするポイントなのです。

 

たとえば、

相手の使う{単語}1つ取ってみても、

 

・どういう意図で使っているのか?

・どういうニュアンスなのか?

・どんな心理なのか?

 

という《真意》を解ろうとすることができる人。

 

相手の言葉通りに受け取るのではなく、

 

・どうしてそのように言ったのか?

 

を聞き取ろうとする人。

 

このような人は、

相手の発言に対する注意深さがあり、

 

“相手を理解するための質問”が

自ずと出てくるので

 

【質問力がある人】

 

でもあります。

 

そして、相手にとっても

理解してもらえている安心感を与え、

より本音を話せる心理状態になるので

 

対話が深まるしか

ありません! (。-ω-)ノ

 

 

 

– 特徴2 – 度量が大きい(広い)

 

『度量』というのは

 

『相手の言うことや、やることを

受け入れる心の広さ』

 

のことです。

 

度量がある人は、{包容力がある人}

とも、言い換えることができます。

 

 

対話においては、

 

・相手の言うことをどこまで受け入れられるのか?

 

ということです。(-∀-`)ネ

 

 

言われたくないこと、耳に痛いこと

わざわざ言わなくても良いのに

というレベルのものでも、

 

聞くつもりがあるのか?

 

という、【度量】が、

 

“どこまで対話できる人なのか”

 

を、決定します。

 

 

 

– 特徴3 –  本音を話せる

 

いよいよ (-ω-。)

 

“話す力” についてになりますが…

 

 

対話において、

 

‘流暢に話せること’

 

は、あまり意味を持ちません。

 

 

上手に話せること

発音が綺麗であること

理路整然としていること

が重要なのは、スピーチをする時です。

 

 

対話力のある人は、

 

真実に相手に向き合って

 

胸の内や、考えていること

 

心の想いを

口にすることができる人です。

 

 

《人は言わなければ分からない》

 

 

これは、

神様が先生におっしゃったことです。

 

 

「言わなくても分かってくれるだろう」

「察してほしい」

「面倒だから黙っていよう」

「これ以上言ってもムダだ」

 

こういう考えは、

対話を妨げる要因です。

 

 

よく夫婦喧嘩で起こりがちなパターンは、

 

 

夫がだんまりを決めるか、無視するか

その場から逃げるかして対話を放棄

 

妻は声を荒げて相手を責めることに徹する

 

 

こんな感じではないでしょうか? (-∀-`)

 

 

【ほんとうはどう思っているのか?】

 

 

これは、

“自分自身との対話”においても

重要な観点です。

 

 

【ほんとうはどう思っているのか?】

 

 

伝えることは勇気がいるし

相手を信頼していないと

できないことです。

 

 

また、

 

相手を愛して、自分も愛する時

 

できることです。

 

 

その相手と、

 

最後まで向き合っていきたいから

 

できることです。

 

 

対話の切れ目は縁の切れ目

 

なのです。

 

 

 

さて、

– 3つの特徴 – いかがでしたでしょうか?

 

 

+。:.゚ヽ(・∀・)ノ゚.:。+゚

 

 

深い対話ができる人は

 

愛することができる人

 

だと感じませんでしたか?

 

 

そして

 

 

あなたにもし、

深い対話ができる相手がいるなら…

 

 

それはあなたが

 

 

深く愛されている

 

 

ということなのです。

 

 

 

対話力を自分だけが持っていても

うまくいかないことがあります。

 

 

対話は

 

《お互いに》通じたいと思っている時だけ

 

成り立つからです。

 

 

 

対話の技術は、愛する技術。

 

 

 

最後まで

相手を愛せるのか?

 

 

それが、対話力ではないかと思う、

 

あおなのでした。(´∀`*) *。

 

 

 

(ご意見、ご感想はお気軽にどうぞ!)

 

 

 

それでは~ ヽ(´∀`。)ノ゚

The following two tabs change content below.

あお

愛と健康と美しさに興味関心が高い人に向けて、気づきと発見があるような記事を。 好きな食べ物は、ローストビーフ丼と御言葉!ヽ(・∀・)ノ゚ ブログ中の「先生」は、鄭明析牧師のことです.:。 ゜ 〈お問い合わせ先〉 tennokangoshi☆gmail.com ☆→@に変えてください。

最新記事 by あお (全て見る)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA