Pocket

 

ハレルヤ!あおです。(*´∀`)ノ。+゜*。

 

2020年の最後の日になりました。

今年は色々なことが突然終わりを告げ、強制的に新しく転換したことも多かった、

そんな一年でした。

 

今年最後に、

『最高のリーダー』

というトピックで

締めくくりの記事を書きたいと思います。

 

“リーダー”、”指導者”、”○○長”と呼ばれる立ち位置、ポジションは

どこの組織にも存在します。

 

大きな組織になるほど、大小のリーダーが必要になり、

たとえ小さなグループでも、必ず一人は必要なポジションです。

 

それは実に今から3000年以上も前の、聖書で言うと旧約時代からある姿なので

自然の摂理とも言える気がします。

 

すなわち、モーセはすべてのイスラエルのうちから有能な人を選んで、

民の上に長として立て、千人の長、百人の長、五十人の長、十人の長とした。

出エジプト記 18:25

 

 

最近は【サーバントリーダーシップ】が

リーダーシップのトレンド(?)だと聞きますが、

どんな時代にも

 

人々から慕われるリーダーの本質は

変わらないんじゃないかな?と思います。(`・д・)ノ

 

それはなぜかと言えば、聖書に登場する数々のリーダーは

必ず備えている性質(精神とも言える)が

あるからです。+゚

 

それは ずばり…|ω・)チラ

 

 

【犠牲の精神】

 

です。

 

 

人間というのは持って生まれるものもありますが、つくらなければなりません。

今の時代の人たちは、あまりにも楽なことばかり求めて、(自分を)つくりません。

「苦労しても命の道を行きなさい」とおっしゃった、聖霊の御言葉です。

 

それで、多くの問題を解決してきました。

犠牲になったら終わる。

いろいろなことを言う必要がない。

犠牲になれば、それで解決できる。

 

犠牲になったら解決できる、

終わるということはどういうことかというと、

 

自分が十字架を背負えば解決する

 

ということです。

 

‐鄭明析氏の説教より‐

 

 

私も摂理に来て11年が経ち、摂理の教会で牧会を任される人たちや

指導者と呼ばれる人たちを見てきたし、

もちろん、社会生活でも色々なリーダー(社長や上司)を見て、

 

自分自身も6~7年、摂理で小さな指導者として過ごしもしましたが、

 

最高のリーダーは

 

(他に比べようもなく、誰も匹敵しないと思える)最高のリーダーは

 


鄭明析先生です。

 

でももし、もう一方挙げるなら イエス様でしょうか。(´◡`)*

 

 

誰でも内心は、

人から認められること、褒められること、自分の実績や功績や陰ながらの努力など

当然認められるべきことを

認められたいと願うものです。

 

それが “人間らしさ” でもあるかもしれません。

 

しかし、世界規模で認められる真のリーダーは

必ず

 

この、人間ならば誰でも当然持っているような欲求を

 

越えてしまっているのです。

 

『犠牲を犠牲とも思わない』リーダー。

 

その基準は、まるで”人間ではない”ようだ

 

だから、まるで”神のよう” (神対応とかよく言いますよね) 

 

と形容されるのです。

 

 

【人間的ではない】

 

 

だから人類のメンター、リーダーにもなれる。

 

 

それが偉人と言われるような先駆者たち

時代のヒーロー、リーダーなのだなと

 

実感した一年でした。

 

 

《人が、自然とついていきたくなる人》

 

それは きっと時代を越えても変わらない

 

” 犠牲になれる ” リーダー 。

 

それななぜ?

 

【犠牲】が

 

“犠牲こそ”が

 

真の愛だから。

 

 

【愛】にほかならないから。

 

 

 

P.S. 

2018年2月に開始したこのブログも、3年が経とうとしている2021年…

今まで毎回、聖句の引用をしてきましたが

来年からは明析先生の箴言や、説教で話された言葉を引用した記事に

アップグレードする予定です!

 

これからも愛読してくださるとうれしい限りです。

 

 

来年もどうぞよろしくお願いいたします。ヽ(´∀`)ノ♪アンニョン

The following two tabs change content below.

あお

摂理の教会に通って12年目のアラサー社会人! 毎日の生活に、何か気づきと発見があるような記事を+゚ 【愛は学んでこそわかる!実践哲学】をモットーに書いています。 blogに出てくる「先生」とは鄭 明析氏のことです(・∀・)ノ 〈お問い合わせaddress〉 tennokangoshi☆gmail.com ☆→@に変えてください。 いきなり勧誘はしないので(笑)、お気軽にお問い合わせください*。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA