しょっぱい人生

Pocket

ハレルヤ! あお です (*・∀・)ノ*

今日は、

『泳げたいやきくん』

の歌詞を考察してみたいと思います。

え??? @( o・ェ・)@ナニナニ

なんで、そんなことするのかって…!??

それは、なぜか昨日から

「まい-に-ち-まい-に-ち-

ぼくらはてっぱんのオ

う-え-で-や-か-れ-て-

イやに-なっちゃうヨォ-」

って
(ふと何度か)頭に流れてきたからです。

これは何かメッセージなのかなぁ

と思ったので、

考えてみることにしました☝︎•*♪

さて、

イエス様の一番弟子と言われているペテロ。

彼は、もともと漁師でした。

つまり、

【まい-に-ち-  まい-に-ち-】

漁をしていたわけですネ。(。-∀-)ノ

そして、考えました。

『このまま毎日

ただ漁をして、生きていくのか?

 

これで良いのだろうか?』

毎日、

ただひたすら同じことを繰り返している

自分の人生について考えていたのですね。

そんな時 イエス様に出逢い、

ペテロの心に答えを与えるような

人生についての御言葉を

イエス様が話されたそうです。

御言葉に感動したペテロは、

そののち弟子になりました。

『泳げたいやきくん』の「ぼくら」は

“たいやき”

というひとつの単位ですね。

(個々のたいやきにフォーカスしたら、

焼かれては誰かのお腹に入ってしまったのでしょうから…。

一度きりの人生です…。)

この“たいやき”というのは、

【人類、人間】に置き換えれば、

上のペテロと同様、

{人間の一般的な心理}です。

人は、

毎日同じ次元

同じ世界

同じこと

を繰り返していると

【イやに-なっちゃうヨォ-】

ということですね。(。-ω-)ウム

“たいやきくん” は結局

鉄板の上から海に行って、

 

か〜な〜り しょっぱくなって

 

最後はおじさんに食べられて

人生が終わりました。(-ω-。)

なので、

“食べられて終わり”っていうところは

他のたいやきと変わらないのですが

ただ、

その【食べられるまでの人生の中身】は

他のたいやきとは【違うモノ】

にできたわけです。

鉄板の上から出て行かなかった たいやきは、

“その他大勢のたいやき”

として生涯を終えたのですが

海に出てみた たいやきくんは、

歌詞の主人公になって、

“後世にまで知られるたいやき”

(でも たいやき)

になったのです。

主なる神は言われる、
「見よ、わたしがききんをこの国に送る日が来る、それはパンのききんではない、水にかわくのでもない、主の言葉を聞くことのききんである。
彼らは海から海へさまよい歩き、主の言葉を求めて、こなたかなたへはせまわる、しかしこれを得ないであろう。
アモス書 8:11-12

塩水の中を

泳ぎに行ってみますか?ヾ(*・∀・)/

以上、

 

水泳が苦手(25メートルも危うい)な

あおの考察でした.。:+゜

The following two tabs change content below.

あお

愛と健康と美しさに興味関心が高い人に向けて、気づきと発見があるような記事を。 好きな食べ物は、ローストビーフ丼と御言葉!ヽ(・∀・)ノ゚ ブログ中の「先生」は、鄭明析牧師のことです.:。 ゜ 〈お問い合わせ先〉 tennokangoshi☆gmail.com ☆→@に変えてください。

最新記事 by あお (全て見る)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA