Pocket

ハレルヤ!あおです。ヽ(´∀`。)ノ゚

 

最近アボガドとトマトを切って、レモンのドレッシングで食べることが

マイブームになっています。(・∀・)♪オイシイ

 

でもこのアボガド、子供の頃はお母さんがなぜ好んで食べているのか

まったく!分からなかったんですよね。

 

一口食べてみた時、

 

「なんだこれ!?なんだこれ!?なんだこれ!?

(゚ロ゚;)

味ないじゃん、ぐちゃぐちゃじゃん(食感が)。

こんなの美味しいと思うなんて変だ」

 

と、思っていました。笑

 

でも、大学生くらいにパン屋でバイトをしていて

アボガドが入っているサンドを作ってたんですが

(作っているうちに食べてみようかなと思い始め)

 

かなり久しぶりに食べたら、美味しかったんです。(-ω-。)♡

 

その時からは、好んで食べられるようになりました。

 

 

成長した人は成長した人に該当する教え方で教えるべきであり、

その人に該当する仕事を与え、

その人に合う接し方ができるように気を遣いなさい。

 

鄭明析氏の説教より

 

 

子供の時に感じられる味と、

成長してから感じられる味が違うように

 

学ぶことも、実践することも

“成長に応じて味わえるものが変わる”ことを

先生はご存じです。

 

最近私も

<自分が教えてもらって学ぶ味>

よりも

《自分が学んだことを教える味》

の方が

一層おいしく思えるようになったので

 

改めて、

 

【教える人】について深めたいと思い、

 

 

【教える人】について

先生が教えてくださったことを

書いてみることにします。…( ..)φ

 

今日のテーマは

 

『教える人が持つべき資質』

 

です!

 

その人に合わせて、その人に合うように分けて、

その人にふさわしい接し方をすべきです。

 

新しく考え行なって、

自分も変わり、相手にも変化をもたらすことを願います。


このように理に適ったやり方で行う人は、

指導者としても良くやっている人であり、

成長途中の人たちのことも、良く成長させることができます。

 

資質の一つ目は、

◇相手に合わせて、ふさわしく接すること◇

 

自分の立場だけで接するのは、処世がうまくできていない人です。

相手の立場で接する人は、理に適った生き方をする人です。

人は必ず見分けて、その人に合わせた接し方をしなければなりません。

 

“教える”というと、

大人から子供に、というイメージが強いですが

 

実は

1つでも多く知っている人が、それを知らない人に話すなら、”教える”ことになります。

 

【相手の水準を見極めて教えられる人】は

教える人としての気質がある、ということですね。

 

2つ目の資質は

◇正しく教えること◇

 

当たり前じゃない?と思うかもしれませんが、

世の中には“間違ったことを教える人”の方が

ずっと多いです。(残念ながら)

 

正しく教えなければなりません。

間違った認識を与えられたら、
その人の望む通りになりません。
 
間違った認識をもって生きたら知らないまま生きるので、
生きることがつらく
苦痛を受けて生きなければなりません。
 
 

あの有名な聖書の内容にしても

非科学的に、非論理的に教える人が

とても多く、

 

一方で、

人生の真理を正しく教えられる人は

なかなか いない のではないですか?(*・∀・)ノ

 

そして3つ目の資質…

 

(これは私が先生を見て学んだことです)

 

それは、

 

◇命を貴重に思い、命を愛する精神があること◇

 

これが無ければ

 

仮に一時

“誰かを教える人”になれたとしても、

 

《継続して人を教え、導くリーダー》には

なれません。

 

「神様がすべてしてくださる。」と、聞こえがいいようにばかり教えると、

聞く人はその瞬間は嬉しくていいですが、結局はよくありません。

どんな状況ででも、最善を尽くしなさいと正しく教えれば、

その人も成功の道を行くようになり、神様も助け、共にしてくださいます。

 

耳触りだけ良い言葉は、

相手の未来を考えない人が言うものです。

 

先生は、

私たちの心に甘く響く言葉で

私たちを洗脳することはありません。

 

アルコールや麻薬のように

神経を麻痺させて誘導する言葉は

話しません。

 

 

私たちが結局は人生の終わりに後悔することが無いように

 

未来に希望があり、栄えるようにと願って

 

心に苦い話もされるのです。

 

 

誰に、

何を、

教わるのか、

 

によって

 

人生が決まる。

 

だとしたら、

 

自分を【教える人】は

 

ただでは、選べない

 

のではないでしょうか?

 

 

以上、

 

『教える人が持つべき資質』

 

 

参考になれば幸いです。ヽ(・∀・*)アンニョン* 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA