「自分を愛せない」「自信が無い」それはお面をかぶった高慢さ。

Pocket

ハレルヤ!あおです。(*´∀`)ノ。+゜*。

 

今日は、一見すると”高慢”とは縁遠い

「自分を愛せない」「自信が無い」

日本人にとても多くみられる病について

 

御言葉で直接教わったというよりは

私自身の研究結果である “悟り”として

書いていきたいと思います。φ(.. )

 

高慢自体を神様は忌み嫌います。

なぜかというと、高慢にはサタンが介入しているし、死亡、サタン、悪魔、悪霊が介入しているから気分が悪いんです。

だから、高慢は滅亡に先立つ。

高慢だと失敗する。

うまくいくはずのこともできなくなる。

高慢な人は死亡圏に属している、と言います。

 

鄭 明析氏の説教より

 

高圧的な態度や、相手を見下した言動を

『高慢だ』と思うことは容易いです。

 

しかし、一方で

自分に自信が無いとか、

自分を愛せずに自虐的で、自暴自棄しやすい人を見て

 

『高慢だ』

 

と表現することは、ほぼありません。

 

 

今日はこの一見すると “高慢” には見えない、

むしろ『謙虚、謙遜』に近いような【お面】をかぶっている

 

『高慢ちきちき』の

 

仮面をはいでやろう( ✧Д✧) و̑ グッ

 

という

 

魂胆です。(-∀-`)ハハ

 

 

人生において神様のことを知らないから、神様について正しく知らないから高慢になります。

きちんと知っているんだったら、高慢になることはできません。

聖書では高慢な人達は全て退けて存在できなくしました。

だから、高慢な人は自分を叩きのめして、叱らなければなりません。

 

 

「自分を愛せない」とか「自信が無い」といった心理状態を

もう少し分解してみると、こういうものが出てきます。

 

“こんな自分は嫌だ。認めたくない”

“もっと○○でなければ、自分の姿として不十分だ。満足できない”

“私はもっと○○でなければダメだ”

 

この背景には必ず

「理想の自分」と「現実の自分」の

ギャップ、乖離が存在しています。

 

ここでは”理想の自分を思い描くこと”

その行為自体は問題ないとして、

 

問題とするのは、

「現在の自分」を見る目です。

 

 

いったい、自分は何者だから

 

あるべき自分の姿

 

を、そんなに高く見積もるのでしょうか?

 

 

そうであるべき自分

そうであってほしい自分

きっとそれくらいの能力はあるであろう自分

それくらいの実力があるに違いない自分

 

これは「理想の自分」というよりは

 

【うぬ惚れた自我】

 

です。

 

 

うぬ惚れによる高ぶり:高慢

 

に他なりません。

 

 

いったい、人間が何者ならば

自分のこぶしで

どれほどのことができると、見積もるのでしょうか?

 

いったい何者であるならば、

自分の能力の限りを尽くして

理想の超人になれると言うのでしょうか。

 

 

これは、神様を正しく知らないから起こります。

 

神様について無知だから

人間である自分のことも

正しく知らないのです。

 

 

自分のこぶしを信じるような高慢な人が

神はいないとか

人間が考えた存在だとか

言ったりしますね。(-ω-。)

 

 

でも、神は

 

そもそも人間の考えの範疇に

収まる存在ではありません。

 

 

宇宙の中に存在している地球に住む人間が

宇宙の広さを正確に知らなくても

宇宙の外に存在する神様は

宇宙の広さを正確にご存じでしょう。

 

 

神様の目の中に人間が存在することを知らなければ

人間は高慢な目を持つようになります。

 

世界は自分のものになると

思うようになります。

 

自分の能力は、自分の想定通りに

存在すると勘違いします。

 

 

旧約聖書でソロモンは1千回の祭壇を捧げて

神様に知恵を求めました。

 

新約聖書ではペテロが

イエス様の前で、自分は罪人であると

告白しました。

 

 

自分の足りなさ、現時点の自分の実力や次元、

 

あるがままの姿を認める時にだけ、

 

人は神様の能力と御力、知恵と聡明さを認め、

そして自分に、「それを与えてください」と

願い求めます。

 

足りなさを認められない時、

受けいれられない時

 

“あるべき自分はこうではない”

 

その考えに支配されている時、

 

人は神様に向かいません。

 

天を仰がないで、地面を見つめているからです。

 

 

能力が無いことを

実力が無いことを

自分の力ではできないことを

 

認めることが

【高慢ではない】ことです。

 

 

神様の力がなくてはいけない、

神様の知識と知恵が無ければできない、

自分だけでは永遠に事足りないのだ、と

 

そう思えるなら

高慢ではない人になるでしょう。

 

 

自分だけで

自分が成立するとは

思わないことです。

 

 

いかなる自分も

神様なしにはあり得ない。

 

 

そう考える時、

 

お面をかぶった高慢を投げ捨て、

 

自分にある価値を、正確に見て、

愛されうる自分を捜すようになり、

 

自信と自分を愛する勇気を

持つようになると

 

信じています。(´◡`)。* ゚

 

 

1件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA