神様を知らない人は愛もまた知らない

Pocket

ハレルヤ!あおです。ヽ(´∀`)ノ゚

 

今日は久しぶりに愛のテーマで記事を書いてみます。

φ(.. )

 

摂理に来て腑に落ちたことの一つは

 

人が人生で抱える問題の根底には、

必ず

愛の問題がある

 

ということでした。

 

愛は神様が主人です。

神様に属しているから、神様が主人です。

 

鄭明析氏の説教より

 

聖書には、

『神は愛である。』(ヨハネⅠ 4:8)

と書いてあります。

 

愛の根本者、根元者は神様ということです。

 

根の無い木や、根腐れした木は

枯れて元通りにはならないように

 

神様を知らない、神様との繋がりを失っている人は

愛さない人、愛せない人になります。

 

神様は独裁者ではないのですが、どうして神様はこの愛に関する根本として、「私の前に行って他の神に仕えるな。完全な愛だ」とおっしゃったかというと、神様自体が愛だから。

「愛の他にはあまり話すことがない」とおっしゃいました。神様を二つ、三つでもない、一つ。

この世、万物、天地万物、人間を創造したのは、愛してあげるために。そして、もう一つあるとしたら、愛されるために。

永遠に一緒に暮らすために。

 

人間が1番気分が良くなり、好きなことは、

愛を受けること、愛することです。

 

お母さんや奥さんが豪華な料理を作ってくれて

なんで作ってくれたのかと言ったら

 

勉強頑張って欲しいから

とか

仕事頑張って昇進して欲しいから

 

だったら、気まずいし

不味いです。

 

ただ愛するから

健康で元気でいて欲しいと思って、

だとしたら

 

美味しく食べられます。

味付けに関わらず。

 

何かをしてくれても

それが自己顕示欲や

自分の利益の為なら

 

人は嬉しく思いません。

 

 

真実な愛や、

“ただ愛するから”

という純粋な心は

 

驚くほどストレートに

人は感じ取るものです。

 

これは私の持論ですが、

「真実な愛は存在しない」

と言う人(思っている人)は、

 

自分が、

自分自身が、

 

真実に愛したことがない

 

そういう人だからだと思っています。

 

 

真実に愛したことがある人は、

 

そういう愛が存在するということを

 

知っているはずだからです。

 

“無条件の愛”

も同じです。

 

そんな愛が存在するのか⁈

 

と思う人は、

 

無条件愛してみた

 

ということが無い人です。

 

 

「神様は存在しない」と思うのは

神様を感じたことがないからで

 

「神様は存在する」と思うのは

神様を感じたことがあるからです。

 

それだけです。

 

人は自分の知っている範囲の中で

話すので

それが事実とは

限りません。

 

神様の愛が私たちにも部分的に現れますが、本当に現れるものがあります。

それは、「ひとり子を神様が遣わして、その人を通して神様の愛を知らせる」と言いました。

ヨハネによる福音書3章16節にも書いてあります。「神様の愛が私たちに現れた。

ひとり子を世に遣わした。

その人を通して神様の愛を現す。

その人を愛することによって、その人は神様の愛を現し、教える」と言いました。

 

メシヤ(キリスト)は、

人類史上、最も神様について知っている人。

 

知っているだけ話したのです。

 

他の人と同じです。

 

知っている範囲で話したのです。

 

何を学ぶにしても、

 

一番よく知っている人に聞いてこそ

 

答えをもらえる確率が高く、

 

そして

 

答えに行き着くまでの時間が短いです。(*・ω・)

 

 

神様について

そして愛について

疑問と問題があるのなら、

 

キリストから学べば

 

答えに

正確に

早く辿り着ける。

 

そういうことですね。ヽ(-ω-。)

 

 

あなたが抱える人生の問題

 

その根底にある愛の問題について

 

早く答えを知りたいなら

 

キリストから学んだらいい。

 

 

現代は、

早くて正確な答えを求める

高速な時代です。

 

だから、神様も猛スピードで

働きかけていらっしゃるはず。

(* ´艸`)フフフ

 

 

 

それでは

また会いましょう〜☆

 

゚+。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。+゚

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA