詩篇①

Pocket

ハレルヤ! あおです! (*・∀・)ノ

 

 

仲野よし子さんから、

「あおちゃん詩は書かないの〜」

と連絡をもらったので

 

 

 

「じゃ、書いてみるか。(-ω-。)ウム」

 

 

 

と、筆(ではなくスマホ)を手に取った

あおです。(-∀-`)

 

 

それでは

《詩》と〈解説〉をお楽しみください♪

 

 

 

と、その前に…(。・ω・。)

 

 

しかし、わたしはあなたがたに言う。

敵を愛し、迫害する者のために祈れ。

マタイによる福音書 5:44

 

 

 

《詩》

 

 

あぁ

やはり愛なのだな。

 

 

憎しみ怒り

 

 

もどかしさと

苛立ちがあっても

 

 

やはり

 

 

愛が勝つ方法

 

 

秘訣だ。

 

 

愛してしまうことだ。

 

 

 

愛が勝ってしまう。

 

 

 

愛でしか勝てない。

 

 

 

それは

 

 

先生が

 

 

そのようになさったから

 

 

 

そうだ。

 

 

。* ゚ + 。・゚・。・

 

 

〈解説〉

 

『神様は愛の勝利をする人を探します。

神様の味方になるには、

愛の塊にならないといけません。

敵まで愛したら、愛の塊になります。』

 

 

これは、先生が教えてくださったことです。

 

 

言葉でだけ伝えたのではなく、

【実際に】

そうなさいました。

 

 

何十年も、

そうしてきました。

 

 

人は、

 

“自分の敵でもない人”に対してでも

 

悪口雑言

批判、ウソ、うわさを

浴びせかけるのに

 

 

先生は

愛で負かしてしまうのです。

 

 

愛して

相手の心を折ってしまうし

なだめてしまうのです。

 

 

そして人を殺さないで

ひたすら生かすことだけを

考えています。

 

 

【敵まで】ということ。

 

 

自分のことを誤解して

悪口雑言を言いふらし

ウソを平気で撒き散らして

批判を浴びせかける“敵”まで。

 

 

 

歯を食いしばっても

 

涙をのんでも

 

 

《愛した》ということは

 

 

悪は知らない。

愛された方は知らない。

 

 

 

愛した側だけ

知っている。

 

 

事実。

 

 

そして

 

 

真実。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA